言いたいこと言うやつに言うやつ(秩序の為の批判)

僕は一体何をしているんでしょうか。どうしてタイピングをして、何をブログ記事にして投稿しようとしているんでしょうか。
最高の計画を立てようとTwitterに呟きましたが、僕にとって最高のブログ記事とは何なんでしょうか。
どうも、イケダハヤトです。まだ仮想通貨持ってないの?
今日は毎日の勉強の継続性のようなことについて、熱く語っていらっしゃいました。基本的に仰る通りだなー、なんて読んでいました。

こうやって書こうという構想はあります。最近になってパターンはある程度完成しております。
でも、なんか違うんですよね。
一つはこれくらいじゃー楽しんでもらえないでしょーWordPressで綺麗にまとまったチラシの裏でしょ、という内容の濃さだと客観的に認識しており、もう一つは僕の情熱が足りていないなと、なんかこうもっと熱いものを書き殴らないといけないでしょうよ、くらいの、これは違うという感覚ですね。落語レベルの芸術性を担保したいな、と素朴に思います。
テンポ、リズム、声質は感じてもらえないかもしれませんが、言葉のインパクトはラップに敵わないのかもしれませんが、テクストにはテクストのよさが間違いなくあるんですよね。それを活かしきれていない。
このひと段落くらいの情熱を注ぎ続けたいです。

特に炎上商法したいとは思っていません。それは賛否あり、意見の確定をしていませんが、とにかく他者を思いやり過ぎて何も言えなくなる社会はそれはそれで不健全なのではないか、と感じます。独裁政権の国家のようです。
でも、リプファイヤー(炎上の一部になる書き込みを必殺技のように表現してみた)なんてやってて本当に楽しいんですか。
他人の悪口を書き込み続ける人生が楽しいなら、いや、いいんじゃないですか。それで救われるというならどうぞ。
僕はしませんそれだけです。

これから僕はラップを本格的に行うと思います。
しかし興行としてでも、ディスという行為をしない方針でいます。
誰かの悪口を言ってお金稼ぎたいですか?稼ぎたいなら止めません。生きるためにはしょうがないかもです。
僕はしませんそれだけです。

ダジャレという冗談は空気を壊すこともありますが、基本的に自虐的で、誰かを傷つけません。
だから僕は好んで使用するんですね。まあ、ラップというかライムと似ているという理由もあります。
批判することを批判しているようですし、批判することが絶対的に悪い、と伝えたいんじゃないんです。
僕は秩序を守りたい方の人間なんでしょう。システムじゃなく個人の味方になりたいですが……。

つまり、徐々に叙々苑の秩序をジョジョが守るじょ、とかもうおわるまる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です